絶対他力

凡人の凡人による凡人のためのWebサービス開発

サイト開設までにやった事その1

このページでは、本サイト開設(2015年5月)までにやった事を記載します。

サイト開設当時の話のため、現在の情報と異なる点が多々あると思います。

どうかご了承頂きますよう、宜しくお願い致します。

CMS選択(WordPress)

私たち「チームPoco」は、2014年3月14日に思い付いたWebサービスのアイデア実現を目指しています。

そのために、まず私たちは、Googleで「Webサービス開発」などと検索し、情報を探しました。

その結果、Webサービスの公開には「サイトを作成し、サーバーを借りる必要がある」と知りました。

また、「サイト作成」、「ホームページ作成」なども検索して、情報を探しました。

その結果、HTMLなどの知識が無くともサイトが作れるCMS(content management system)というソフトがある事を知りました。

当時、「世の中にはこんな素晴らしいモノがあるのか」と感動したのを覚えています。

さらに、Googleで「CMS 比較」などと検索しました。

その結果、私たちはWordPressというCMSを選択しました。

理由は、何となく利用者が多くて無難そうだと思ったからです。

当時、CMS選択にあたって下記のサイトを参考にしました。

ローカルサーバー構築(XAMPP)

私たちは「WordPressでサイトを作る」事にしました。

しかし、「WordPressが動くサーバー」を用意する必要があります。

そのために業者のサーバーを借りてWordPressを導入したり、WordPressが組み込まれているサービスを利用するのが一般的なようです。

ただし、何も知らない私たちは、セキュリティや費用が気になってしまって、どうすべきか決められずにいました。

しかし、それらの情報を探している内に…
XAMPPというソフトを自分のパソコンにインストールすれば、ローカルサーバーという自分専用のサーバーをパソコンの中に作る事ができると知りました。

このローカルサーバーにWordPressをインストールする事により、自分のパソコンでこっそりとWordPressを試す事ができます。

ローカルサーバー構築という手間が増えるのは大変でしたが、自分のパソコン内で完結するので精神的なハードルがかなり下がりました。

業者のサーバーを借りた後もトラブルの検証などで役立つらしく、ローカルサーバーはあった方が良さそうです。

当時、XAMPP導入にあたって下記のサイトを参考にしました。

 

今後もやる事メモ

  • アップデート、プラグインの追加などのWordPressの環境を大きく変える時は、ローカルサーバーでテストする

 

テーマ選定(STINGER5)

XAMPPによってWordPressをテスト出来るようになりました。

しかし、WordPressは色んな機能があるが故に、その内容を調べるだけで一苦労です。

その中に、クリック一つで見た目が変えられる「テーマ」という機能があります。

色んなテーマを試すのは楽しいのですが、今から思えばかなりの時間を無駄にしました。

最終的に…私たちは、STINGER5というテーマを選択しました。

理由は、利用者が多くて無難そう、無料、レスポンシブデザイン対応などです。

当時、テーマ選定にあたって下記のサイトを参考にしました。

 

また、Wordpressの基本的な使い方は下記サイトが詳しいです。

ただし、情報が豊富過ぎて全ては読み切れていません。作業しながら少しずつ覚えたいです。

 

ドメイン取得業者選定(スタードメイン)

当初、ローカルサーバー環境内でサイトの中身を作りこみ、ひと通り完成した後にサイトを公開するつもりでした。

しかし、ひとえに私たちの能力不足が原因なのですが…
サイト作りが遅々として進まなかったため、先に公開してしまう事にしました。

サイト作りの段階から皆様からのアドバイス等を頂いてしまおうという魂胆です。

また、面倒な事は先に全部済ませてしまいたいという思いもありました。

サイトを公開する事にした私たちは、Googleで「WordPress 公開」などと検索して情報を探しました。

その結果、サイトの公開にはドメインというモノが必要だと知りました。

ドメインには、業者のサーバーをレンタルするとオマケで貰える無料のドメインと、サーバーとは別に自分で購入する独自ドメインがあるようです。

下記サイトによれば、サーバーのトラブルや引っ越しを考慮すると、独自のドメインを持っていた方が良さそうです。

そのため、私たちは独自ドメインを取得する事にしました。

 

「ドメイン取得業者 比較」で検索すると、色々な情報が出てきます。

私たちは、ドメイン取得業者としてスタードメインを選択しました。

理由は、料金が安価、Whois情報公開代理が無料である事などです。

当時、ドメイン取得業者選定にあたって下記のサイトを参考にしました。

 

レンタルサーバー選定(wpXクラウド)

「レンタルサーバー 比較」で検索すると、いくらでも情報が出てきます。

素人は、「ロリポップ!」、「さくらインターネット」などの格安プランから始め…
サイトが発展したら「エックスサーバー」に引っ越すのが定石みたいです。

しかし、私たちは面倒な事は一度で済ませたかったため、コスト度外視で最初から「エックスサーバー」を利用するつもりでした。

そのため、私たちは「エックスサーバー」の申し込み手続きを進めていました。

しかし、そのサイトでWordPress専用のwpXクラウド」が紹介されており、急遽そちらに変更しました。

理由は、「初期費用がかからない」、「月額料金が比較的安価」、「サイトが発展したら簡単にグレードを上げられる」などです。

ただし、安さの代償として、「WordPress専用」、「1個しかWordPressが設置できない」、「メール機能が無い」、「グレードが高くなると高額となる」などの注意点があります。

従って、Webサービスを開発して公開する時には、追加のサーバーを借りる手間と費用が発生します。

目先のお金に振り回されて方針がブレてしまいましたが、後悔はしていません。

当時、レンタルサーバー選定にあたって下記のサイトを参考にしました。

 

まだ続きがありますが、ここでページを分ける事にしました。

続きは↓です。

公開日:
最終更新日:2016/06/14


アドバイス等あればコメントをお願い致します。